震える心へ

―自分が自分であり続けるために―より良く、より自分らしく生きるためのヒントになる話を考え付く限りの角度から話していきます。

もう二度と転職で失敗しないための4つのポイント

こんばんは、YUKISHIBAです。
今回は転職で失敗しない方法は何かというテーマでお話しします。


転職する理由は人それぞれですが、
転職する度にキャリアアップしていく人がいる一方、
何回転職を重ねても一向に環境が良くならず、キャリアアップもしないという悩ましい人もいます。


この違いはどこから生まれるのか、
私自身転職を数多く重ねてきましたが、今一つ状況が良くならず悩んでいました。
きっと何か失敗しないための転職方法があるんだと思っていましたがずっとそれがわからず、
しばらくは唯々合わないだけで大して身にもならない仕事を転々としていました。


しかしそんな経験を繰り返しているうちに、
上手に転職するポイントが少しずつ見えてきました。

ここに転職すれば上手くいくと思ってたのに、幸せになるどころかどんどん環境が悪化していく、
なかなか思うような仕事に就けない、
と悶々としている方の参考になるようお話しします。

転職するたび働きやすくなるための4つのポイント

私はもはや数えることさえ諦めてしまった転職失敗の積み重ねを振り返って、
なぜ失敗したのかをじっくりと考えました。
そしてその結果、今よりもっと条件を良くする賢い転職の4つのポイントに辿り着きました。

f:id:YUKISHIBA:20190412095259j:plain

私は今までこの4つのうち1つも実践していなかったために
幾ら転職しても合わなくて辞めるの繰り返しになっていたんだと思い知りました。


ここから私が自身の失敗を通して気付いた転職成功の4つのポイントをお話しします。

①仕事に何を求めているのか明らかにする

転職の失敗を重ねていくと、
「何故自分は思うような仕事に就けないんだ」
という感覚に陥りがちですが、

そもそもあなたが「思うような仕事」とは何ですか?


自分がどんな仕事をしたいと思っているのかがわかっていなければ、
自分が思うような仕事など探しようがありません。


あなたが仕事に対して求めるものは何ですか?

例えばやりたいことを好きに出来るくらい暇なこと、
例えばとにかく短時間で稼げること、
例えば仕事の予定を自由に決められること。
例えばいる人間が気の合う人であること。
例えば自分が手に入れたいスキルを身につけられること。


仕事をする時に何を大事にするか。
決まった答えはありません。
全て自分次第です。

②我慢できないことの基準を設ける

自分にとって嫌なことが極力無い仕事を選びたいというと何だか甘えと言われそうですが、
現実問題嫌なことがある仕事は続きません。

よくやりがちな失敗が、
少しばかり自分にメリットがあるというだけで、デメリットだらけの仕事を選んでしまうことです。


この時二つの致命的な間違いを犯しています。
一つ目は「これが出来ればどんな苦労も越えられるんだ!」という認識。
二つ目は「嫌なことから逃げてたらダメなんだ!」という認識です。


悲しいかな、実際どんなにメリットが多くても
特定のデメリットがあるばかりに
どうしても耐えられないという事態はあります。

例えば周りがいつもピリピリしている、
健康被害が大きい、
どうしても嫌なことをしなければならない…

f:id:YUKISHIBA:20190417142800j:plain

嫌なところがある仕事を避けることをまるで現実逃避のように言う人もいますが、もしそんなことを言われても基本的には聞き入れる必要はありません。

小さなメリットと一緒に大きなデメリットを散々背負い込んできた私から言わせれば、
「このメリットがあればどんなデメリットも耐えられる!」とか
「デメリットなんてそのうち慣れる!」とか信じている方がよほど現実逃避的です。


嫌なことを避けるということ自体多くの思考や決断を要するので、
そういった壁を越えなくてもいいように思考停止しているのです。


ほかにどんな良さがあっても嫌なものは嫌。
これが現実です。
自分に嫌なものがあれば、それは素直に受け入れてください。


ほかの条件が良くてもこれがあると続かないという要素は人それぞれあります。

自分にとってどうしても嫌なものは何か、よく振り返って見ましょう。


但し一つだけ注意する点は、
「これだけは絶対嫌」というものと
「出来れば無いほうがいい」ものの線引きをすることです。

何がどの程度嫌で、どこからが我慢できないほど嫌なのかを理解していないと、
何もかも嫌で何も我慢できないと勘違いしてしまう恐れがあるからです。


こうなると「自分は何もできない」という自己認識を生みやすく、大変危険です。

③楽よりも楽しさを重視

「楽さ」と「楽しさ」は、字こそ似ているものの
その中身は全然違います。

結論を言うと、楽を取るか楽しさを取るかで迷ったら、
楽しさを取ることをおすすめします。


人にとって楽とは薬のようなもので、
最初は良くてもすぐ慣れてしまうのです。
始めた頃は楽で快適だった職場もしばらく経てば色々と粗を見つけ出し、
もっと楽な環境を求めるようになるのです。


楽さはお金と同じで際限なく求めてしまうという恐ろしさがあります。

年収1000万を達成して喜んでも、半年もすればその生活にすっかり慣れて
もっと高い年収を求めるようになるのと同じように、
非常に楽な職場を見つけて暫く楽さを満喫していても、1か月もすればその水準に慣れ、
もっと楽な職場を求めるようになります。


突き詰めていくと楽な仕事を頭使って探しながら生きたりしないで、
サクッと死んじゃった方が楽だ、と結論することさえあるので、
やはり楽さを追究して行動するのは楽ではありません。



但し楽さを追究することに明確な目的・基準があるならその限りではありません。

自分にとって本当に楽しいことが仕事以外にあって、
それが満足いくまで出来るくらい楽な仕事という基準で選ぶのなら
楽さにばかり意識が行ってしまうリスクも低く、
楽しいことも満足に出来て仕事も両立できるという満足感を得ることも出来ます。

④給与の良さに惑わされない

人の判断を最も狂わせやすいのは給料面です。

よく考えなくても自分にとって嫌なポイントしかない仕事とわかるのに何故か選んでしまい、
案の定酷い目に遭ったことはありませんか?


私は以前お金に困っていた時、
解体工事の補助のバイトをしたことがあります。
日給の高さに飛びついての決断です。

私の性格上土木や建築現場の仕事に適性が無いのはわかりきっていたのですが、
何故かその仕事を選んだ時はそれでも何とかなると思っていました。
日給が高いからです。


お金が欲しいからどんなに正しくない判断でも正しいと信じたかったのです。

案の定体も精神も付いて行かず、
4回ぐらいで辞めました(連絡を絶ちました)

f:id:YUKISHIBA:20190520205157j:plain

さらにお金に囚われていたことが顕著に表れているのが、私がコールセンターに勤めた時のことです。

一度1ヶ月程やって電話恐怖症だということがよくわかったのに、
しばらく経つとまたコールセンターに応募してしまうのです。
勿論理由は時給が良いからです。


1回目でもう懲り懲りだと思ったはずなのに、
コールセンター時給1300円などという求人を見た途端
「今の自分なら電話を克服できるかも!」などと本気で思うようになるのだから不思議です。

勿論現実はそうはいきません。
2度目のコールセンターはなんと初日で飛びました。


お金絡みの不安は時に通常では絶対しないような間違いを犯す原因になります。

仕事探しは特にお金の不安と縁が深く、
冷静になれば絶対選ばない仕事をうっかり選んでしまうということが起こります。

しかし皮肉なことに不安に駆られて選んだ仕事程長く続かないので、
結局お金の不安すら解決されないのです。


どれだけ条件が良くても、どれだけ何とかなると感じても
嫌なものは嫌だし、嫌なものは肝心な時に助けてくれないのです。

結局転職で成功したいなら…

ここまで転職に失敗しない方法というテーマでお話ししてきましたが、
しかし最後に大事なことを言います。


失敗しない転職法なんてありません。

結局失敗は繰り返すものです。

f:id:YUKISHIBA:20190527233059j:plain

「ここまで来てそいつぁねぇだろ!!」
と思ったかも知れませんが、
落ち着いて続きを聞いてください。


先にお話しした四つのポイントを振り返りましょう。
これらの方法には共通したポイントがあります。
それは自分を理解することです。


自分が仕事に求めているものは何か、
自分がどうしても嫌いなものは何か、
自分にとってどういうものが楽しくて、どういうものが楽なのか。

全て自分を理解することでわかるものですよね。


これがはっきりしていないとそもそも自分の求めるものがある仕事や自分にとって楽しい仕事など選びようがありません。
仕事を選ぶ基準が無いので、しまいには焦りに負けて給料の良さで選ぶという楽な方法に走ってしまうのです。


職場とのミスマッチを繰り返す人には、
どこかで仕事や社会のせいにしている人が少なからずいます。

会社側が良いことばかり言って求職者をだますせいもありますが、
仕事探しをする上で自分のことを理解していないせいもあります。


自分がどんな人間か理解していない限りは失敗を重ねて当然なのです。

f:id:YUKISHIBA:20190413220720j:plain


今回お話しした四つの方法で確実に成功するのは、
自分を完璧に理解している人だけです。

さて、あなたは自分をどの程度理解していますか?
もし就活セミナーで行う程度の自己分析しかしていないのなら、今からでも色々な活動や勉強をして自分への理解を深めることをおすすめします。


さて転職に成功するのは自分を完璧に理解している人だけだと言いましたが、
果たしてそもそもそんなことは可能なのでしょうか?


将来そんな技術が発明されるかもしれませんが、少なくとも今の人間には不可能だと考えています。

完璧に理解しているということは自分についてわからないことが一つもなく、
この世界の全てを自分が望むものと望まざるものに分けることが出来るということです。


完璧というものは理論上でしか成り立ちませんので、
私達が世界の「全て」を分類したり、自分の「全て」を知ったりすることは現実には不可能です。

ですので「失敗しない転職法」が自分を理解することを基本にしている限り、
転職で二度と失敗しないと保証することは出来ないし、
言葉を選ばずに言うなら期待するだけ無駄なのです。

失敗しないことよりも大事なこと

私を含め今まで転職に何度も失敗してきた人は
もう二度と失敗したくないと強く願いながら失敗を重ねてきたのではないでしょうか。

そして今も二度と失敗したくないという思いで「失敗しない転職法」という本記事のタイトルに飛びついたのではないでしょうか。
しかしここに来て失敗はこれからもし続けると断言されて、
すっかり期待を裏切られた気分かもしれません。


しかし私がこういうテーマでお話をしたのは、
絶対に失敗しない転職方法を紹介するためではなく、
絶対に失敗しない転職法を探すよりももっと重要で転職成功に繋がるポイントがあるからです。


それは転職において成功するためには、
失敗をしない事よりも失敗からいかに立ち直るかが重要だということです。

f:id:YUKISHIBA:20190412104944j:plain

先にお話しした4つのポイントをしっかり実践するのは必須です。
まずはこの4つをしっかり押さえることから始めてください。
しかしこの4つを満足に実践出来たとしても失敗する時は失敗します。



私の最新の転職失敗談はこのことを良く表しています。

今の職場(もうすぐ退職予定)に転職する時、失敗しないために非常に慎重に、綿密に計画しました。
・具体的には自分が仕事に何を求めているか、
・我慢できないほど嫌なものは何か、
・十分納得いくほど楽な仕事か、
これらを整理したうえで
正社員という縛りだけ設け、給与面はほぼ度外視で仕事を探しました。


今回お話しした程体系化していなかったものの、本記事の4つのポイントを押さえたうえでベストな選択をしたという確信をもって今の会社に転職したのです。
しかし結果ははっきり言って「大失敗」でした。


(今の会社での体験談も記事にまとめてあるので参考にしてください。)
yukishiba-gatari.hatenadiary.jp


原因はもうはっきりしています。
「我慢できないほど嫌なもの」を正確に理解していなかったことです。
何故正確に理解できなかったのか。
全くもって知り得なかったからです。


今の仕事で最も問題なのは慢性的な睡眠不足に陥ることです。
転職前の私とてそれ自体は予想していました。
しかしそれが自分にとってこれほどまでに嫌なことだとは全く予想できなかったのです。

私は多少寝れないくらい平気!としか思っていませんでしたが実際には違いました。
思えば仕事による慢性的な睡眠不足を私は経験したことがありませんでした。


つまり、この失敗経験によってはじめて(十分寝れない環境は我慢できないという)自分に関する新事実が明らかになったのです。


自分にとって楽しいことも、自分が我慢できないことも、
自分が仕事に求めているものも、
経験などから学び把握していること以外は仕事選びの際に考慮のしようがないのです。

私の睡眠不足のように経験が無いばかりに平気だと思い込んでいたものが
実は我慢できないほど嫌なことだったなんでこともざらにあります。


だからこそ失敗しないことよりも失敗を通して自分への理解を深め、
次により良い選択をするために活かしていくことが重要なのです。

自分に関する新事実は経験を重ねるたびに次々明らかになります。
そして自分に関する理解が深まれば深まる程良い選択が出来るようになります。


すると転職にしろ何にしろ、
悪い環境から抜け出すための選択だったものが
より良い環境へ移るための選択へと変わるのです。


これこそが本当の意味で「成功する転職」ではないでしょうか。

f:id:YUKISHIBA:20190527233926j:plain


ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

今の日本では転職が多いだけで悪い印象を受けたり、コンプレックスに感じがちですが、
深い自己理解に基づいて行動する事、自己理解を深め続けることをすれば
転職は自身のステップアップや自己実現のためにとても有益な行動になります。
実際アメリカではこうした目的での転職が多く、若いうちから何社も転職する人が多くの割合を占めます。


自己理解のポイントは
①自分が仕事に求めるものを知る
②自分が我慢できないほど嫌なものを知る
③自分にとって楽しいものは何かを知る
④お金を理由に①~③を軽視しない
です。


これらを実践するのは勿論ですが、完璧に実践出来たと思っても失敗する時はあります。
しかし失敗した時、あなたは自分に関する新事実を学ぶことになるのです。
それを次の選択をより良いものにするために活かせば、その失敗自体が成功の種になります。
「失敗は成功の母である」とはまさにこのことです。


私は恐らくこれからも仕事を変えながら生きていくと思いますが、
仕事を変えるたびに自己理解を深め、
自分がより幸せになれる選択をし続けていきます。


それでは、また。


YUKISHIBA